ソープランドは何もベッドだけがサービスではありません。

ソープランドのいいところの1つに入浴のサービスがあります。

入浴を手伝ってくれるようなものです。

介護・入浴サービスされるような感じなのかも知れません。

浴槽にお湯を貯めてもらって、温度を調整してもらって、体も洗ってもらえるのです。

一緒に、湯船にも浸かるのです。

この入浴サービスの際の浴槽は、部屋は個室と呼ばれているものの、ユニットバスの風呂のような小さなものではありません。

少し大きめです。

一人だとかなりゆったりと入れます。

大体は、女の子と向かい合わせて入浴しても大丈夫な大きさで、さらにその中で潜望鏡というプレイを行ったりします。

また、浴槽がジェットバスになっていたりします。

これは高級店の浴槽になるようです。

私はジェットバスであった記憶はないです。

相場の2万円くらいの店ですが・・・。

いずれの浴槽にも手すりが設置されていて、入浴や潜望鏡のサービスが容易なようになっています。

ちなみに 関西のソープで働くなら福原 風俗求人では有名なお店がほぼすべて網羅されていますよ。

 

初めての風俗、初めてのソープランドでは何かとわからないことが多いものです。

来店の前にはソープランドについてよく調べて言ったものの、実際に行ったところで、まだまだ知らないことがあるものです。

ここでは、ソープランドで疲れている用具・設備などについて少しの紹介をしたいと思うのです。

というのは、私も始めてソープランドへ行った時にはかなりわからないことだらけで戸惑ったものだからです。

さて、やはりソープランドで有名なものの1つが「スケベ椅子」です。

きっとどういったものなのか? ということは知らなくても、「スケベ椅子」という名称くらいは聞いたことがあるはず。

「スケベ椅子」というのは、もちろん椅子です。ただ、普通の椅子ではありません。

「スケベ椅子」とは、凹型になっている椅子です。

凹になっているのは、お客がそこに座った時に、股間を下から洗えるようになっているのです。

ソープ嬢はこの凹型に腕を突っ込んで、お客の性器部分を前後洗うのです。

ところで、都内でソープというと吉原が有名ですが、じつは池袋 風俗にもソープがあるんです。

吉原は地理的に行き難いという人も多いと思いますので、まずは池袋あたりで体験してみてはいかがでしょうか?

 

もちろんソープ以外でもスケベ椅子を体験できるお店もありますよ。

デリヘルなどでは難しいですが、いわゆる箱ヘルでもともとソープだった部屋を使っているところなどでは、お風呂もついていたりするんです。

わたしの知っているのは先ほどの池袋と、あとは新宿 風俗にもそういったお店がありました。

また、ソープで働くのはサービス内容がキツイという女性もいらっしゃると思いますが、梅田 風俗求人にはヘルスで元ソープって言うお店があるそうです。

Comments

Comments are closed.